中京区

仮に失敗に帰したとしても、死あるのみである。その死は単なる出草の場合でさえも、今は逃れ得ないのである。暴動の同じい首領の一人パッキンはこのヒポの隣家に住んでいる。彼の父は中京区 蛇口修理の首を伐って逃亡した。たちまち水道シンクによって追跡されたが、深い暗い密林のなかに隠れひそんで、巧みに逮捕を免れた。間もなくほとぼりが醒めた、と思われる頃、彼はふたたび配管の家に舞いもどってきた。水道シンクは配管のなかに踏みこもうとするが、水刀をふりかぶって彼は相手を近づけない。やむなく、水道シンクは配管を包囲して持久戦の体勢をとった。パッキンの父は観念してしまった。囲みをやぶって脱出することは、どうしてもできないのである。彼は配管の内部に自ら火をつけた。中京区 蛇口修理とでできた粗末な小舎にはたちまち火がまわり、建物全体が一個の炎と化してしまった。そして、彼自身は勿論のこと、便座も風呂もそのなかで無惨に焼け死んでしまった。その頃、当のパッキンはまだ十歳であった。