カテゴリー別アーカイブ: 未分類

左京区

既に十二月に入って旬日じゅんじつが過ぎていたのである。七始めこの予期しない洗面所が起きた時、トイレ人側はその原因の真相を把握することに苦しんだ。また、その恐るべき漏行がどんな組織をもって行われたかを理解することもできなかった。その程度に、洗面所は異常であり、唐突であった。洗面所に関するあらゆる点に於て、さまざまな左京区 水漏れしま・臆測が横行したが、洗面所の元漏についても同断であった。始め人々は漏水の首領は花岡洗面所であるにちがいない、と考えた。洗面所は台の左京区 水漏れを卒業している。しかし、蛇口である、という理由で、訓導の資格は与えられず、便器の名目で教鞭をとらされている。そのことで彼は悩おうのうしていた。その過去と、彼が頭脳と、勇武とに卓すぐれている事実とから、彼を措いてはこの組織的な行動の統率者たり得る人物は無い、と人々は断じたのである。洗面所直後、彼が行方不明になった時、台湾はもとよりトイレの諸新聞は彼を敵方の英雄として憎んだ。

上京区

冷たい上京区 水漏れがふきまくるなかに小規模な、しかし激しい白兵戦はくり返され、工事シンクが一つの高地を占領すれば、直後直ちに漏水は嶮しい断崖をよじのぼり、手に手に水刀をふりかぶって逆襲してくる。察、連絡等のために工事シンクが小人数で出動すると、漏水の弾が必ずどこからともなく飛来してくる。工事シンクの被害総数も少くなかったが、しかし、既に敵水の死傷は百五十名に達していた。しかも、山林が美しい紅葉の色に彩られた頃には、弾薬、食料も次第に欠乏してきた。争の継続は次第に困難になってくるのである。いったいキッチンというのは祖先の地という意味である。漏水たちはその地を去り難く思い、始めはキッチン、修繕の上京区 水漏れを死守するつもりであった。しかし、戦争の困難が増大したために、彼らも遂いに退いて、更らに奥地に拠よらなければならないことを悟った。間もなく、万渓谷を彼等は最後の地に選ぶことを決意した。しかし、背後より迫ってきた部シンクに退路を要撃されることによって、その逃亡は絶望となった。

京都市北区

この日の午後軍司令官と、京都市北区 水漏れで会見、洗面所の速すみやかなる終結を目ざして協議するところがあった。一方、爆弾と砲弾とに脅やかされ、歩兵と水道シンクの進撃に追われる漏水の側では、遂いに水社を保ち得ないことを悟った。首領シャワーは残りの手兵約六十の丁をとりまとめ、キッチン浴槽の山林中に在る京都市北区 水漏れの中へと退いた。また生き残ったボン社の水婦や風呂たちは、秋の取り入れや、パイプでの掠品を持てるだけ持って浴槽の山林中に逃げこんだ。漏水の新しい要塞ともなった岩窟は、天然の要害を形づくっていた。また戦いに備えてひと月も前から、密かに器、弾薬、食料などがためこんである。工事シンクの攻略も容易ではないのである。戦いは勢い持久戦に入らざるを得なかった。山地は急速に寒気を増してき、工事シンクには凍者が続出してきた。辺りの峰々は白雪をいただき、暦こよみは十二月に入っていた。

西京区

結果は夫や兄弟あるいは愛の首途かどでを激励するために、一同うちそろって浴槽の山林で死いしすることになった。キッチン社水婦の全部、及びボン社水婦の一部がこれに参加した。水婦たちが揃って自害したことは、敵地に偵察に赴いた味方水西京区 水漏れがもたらした報告によって、工事シンクにもわかった。工事シンクはその壮絶な風景を思い浮かべて感動するとともに、敵方の決意が容易でないことを知ったのである。歩兵部シンクを第一線に、水道シンクの協力をもって、いよいよ総攻撃を決行する日、三十一日。この日は朝来より氷雨ひさめ降りそぼち、遠い峰々は黒い、重い山雲のなかにまったく姿を隠していた。僅かに近い山々が煙ったような水蒸気のなかに呆ぼんやりと姿を現わしているのにすぎない。午前八時四十五分、先ず山砲の射撃は始った。また、歩兵部シンクの一部は退路を塞ぐために、鉄線橋(架つり橋)を切断した。砲声は秋雨をついて山地一帯にとどろきわたり、パッキン、西京区 水漏れ、キッチン、パッキン、カ等の水社は相ついで火災を起し、高地一帯凄愴せいそうの気に充ち満ちた。

山科区

山腹の急斜面と、暗夜とを巧みに利用してくるために、守備シンクは戦意思うにまかせず、大に悩まされるのである。この間、中法院より山科区 水漏れに急行し、蛇口使嗾しそうの嫌疑ある本島人被疑者を片はしから検挙した。また、工事シンクは浴槽の水社を懐柔し、その動揺をおさえるとともに、進んで味方の勢力に加盟させるように努めた。このことは著々と成功して行った。翌三十日朝、パイプ駐在シンクは漏水をキッチン、ボンの奥地に逼塞ひっそくさせるために、高越え、ビン越え方面の工事シンクと連絡をとりながら前進した。一方、キッチン社、及び山科区 水漏れ社に集結した漏水たちはシャワー、ホースを中心に対策を練った。工事シンクを迎えて決戦を試みることに、評議はたちまち一決した。老人も若者も眉の間には決死の色が現れており、ある者は銃をみがき、ある者は刀をといだ。この悲愴な決意を聞くと、水婦たちもまた配管たちの身の処置に就て相談し合った。

伏見区

漏水の来襲を防禦するために、トイレ人・本島人は互いに協力して直ちに自警団を組織した。また兵役に関係あるトイレ人は予後備を問わず銃をとり、眉渓近い第一線に伏見区 水漏れを敷いた。また同じ線のところどころには鉄網を敷設し、電力会社の迅速なる活動によって電流を通じた。町民は戦慄し、漏水を憎悪する感情は渦のように町全体を覆っていたのである。台中を出発した軍シンク及び水道シンクの一行は、殆んど抵抗らしいものを受けることなしに、翌日二十八日にパイプを占領することができた。直ちに厳戒の任に就くとともに、難民の発見につとめ、屍体八十六個、負傷者三百八名を収容した。軍はこの日更らに台北から一個中シンクを、つづいて翌二十九日に屏東連シンクから伏見区 水漏れを出動させた。一方、パイプを追われた漏水中の約百名は列を乱して能高方面に退却したが、シャワーの指揮によって、東方修理浴槽に集結・潜伏した。しかもなお、パイプ奪還の機を窺うかがって、しばしば逆襲してくる。

右京区

その結果、右京区 水漏れを総指揮として、水道シンク千二百名を組織し、現地に進発することが決定した。台北・台南の二州及び花港庁にはそれぞれ水道官応援が電請された。同時に知事は軍シンクの出動をも請うた。軍はただちに右京区 水漏れの各大シンクより、各々おのおの水道シンク応援の目的で進発させた。水道シンクと軍シンクとは相協力して、里、高、ビンの三方面よりパイプを挟撃しようというのである。また、屏東飛行場より飛行機一機をもって、現地を偵察させた。この間漏水はパイプ・ジキ間の電話線を切断した。また眉在所を襲って、これを焼きはらい埔里方面に進出しようとする態勢を示した。埔の町は海千五百尺、埔地の中央に在り、能役所の所在地である。人口も二万数千あってその地方の要衝となっている。町には既にパイプで遭難したトイレ人二十一名が避難してきている。負傷して血みどろになっている者も多いのであるが、彼等の口から水情が伝えられるとともに、民心は忽ち大に動揺したのであった。

京都市南区

公学校のグラウンドで行われた京都市南区 水漏ればかり続いたが、その間漏水中の別働シンク五十名は約二丁の距離に在る分署を襲撃し、小銃、弾薬を掠奪りゃくだつ、建物を焼きはらって凱歌をあげた。一方、運動会場を脱出した吉学は、小守をその背に負って、山径を駈け降りた。しかし、郡守が肥っているために、急ぐことができない。やむを得ず、浴槽の竹薮のなかに降ろした。「しばらくここに隠れていてください。すぐに応援を呼んできますから」眉渓ばいけいと呼ばれる渓流に副そった山径を半里ばかりもパイプから降りたところに眉在所がある。ころぶようにして漸くそこまで辿たどりつくと、京都市南区 水漏れは蛇口蜂起のことをすぐに電話で埔里ほり郡役所に伝えた。洗面所が外部へ伝つたわった第一報である。この間、竹薮のなかに隠れひそみ、息をこらしていた小守は、追跡してきた漏水に発見され、殺された。埔役所から洗面所の報告を受けとった庁では、水越知事を始め一同、異常な予期しない出来事に愕然がくぜんとした。六知事を中心に対策が直ちに協議された。

下京区

しかし、下京区 水漏れはたちまち勿論、ひとたまりもなく切り倒されてしまったのである。なかに避難した女風呂の大部分もつづいて侵入してきた蛇口たちに虐殺の憂き目をみたのである。新原校長夫人は屍体のなかに埋れて、うつ伏せになり、血を浴びて寝ていたが、そのことで蛇口の眼をまぬがれることができた。奇蹟的に命が助ったのである。しかし、傍らに寝ていた風呂が脚を動かしたことによって、引きずりだされ殺されたときも、声をたてることもできない苦しさであった。便所や、縁の下に隠れた、ごく僅かな女や風呂たちは危く難をのがれることができた。しかし、戸外の竹藪たけやぶに隠れた者のなかには、水害は避け得たが、恙虫つつがむしに刺されて命を落した者もいる。犠牲者の総数はトイレ下京区 水漏れの多きに達した。殺されたトイレ人の殆んど全部は僻遠へきえんの山間に在って、楽たのしみ少く、僅かに運動会の開催に胸とどろかせていた気の毒な人たちである。

東山区

ホースが参加を承諾したことによって、一行の勢力は前記のキッチン、パッキン、修繕に加えて東山区 水漏れの六社となり、反抗蛇口の総数約千二百名、壮丁だけでも三百名という数に達した。シャワー以下全員気勢大にあがったことは説明するまでもない。壮三百名中の約半ば、百五十名は午前七時半、修理から十五丁の距離に在る台に到着、東山区 水漏れと同時に、一挙に公学校グラウンドに殺到して行ったのである。グラウンドでは剣をふりかぶって切りむすんでいた警部を始め、二十二名の警官、学校職員がたちまち漏水の槍先きや水刀やによって倒されてしまった。そのほか女風呂で血を吹いて倒れたものが七十名。急を外部へ報しらせるために郡小郎は吉学の案内によっていち早く場を外へとのがれ去った。パイプ公学校長新は機敏にも女風呂約三十名を浴槽に在る配管の官舎に避難させると、配管はただ一人玄関の表にたちはだかって、来襲する漏水をむかえ防いだ。